床矯正のお話

2014年9月24日 水曜日

当院では抜歯をしない歯列矯正を基本としています

歯列矯正を行う際に、抜歯が必要であると言われていますが、果たしてそれは本当でしょうか。
当院ではかねてより疑問を感じておりました。

様々な勉強と経験を重ねた結果、抜歯を行わなくても歯列矯正は可能であるという結論に達し、今では極力抜歯を行わない歯列矯正を基本に歯科診療を行っております。

当院が行う抜歯を極力行わない歯列矯正とは、床矯正という技術であり、顎骨を広げて正しい歯並びに導く治療法です。
特にお子様の場合は、正しい歯並びになる大きさまで顎骨を広げる治療を行います。

床矯正の場合は、従来の歯列矯正装置と異なり着脱自由であり、食べ残しの付着による虫歯のリスクが極めて低く口内を清潔に保つことが可能です。
当院は豊中全域の歯科医院の中で早くより床矯正を導入しております。

投稿者 医療法人池澤歯科クリニック

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒560-0013
大阪府豊中市上野東2-1-1
上野一番館2F
矯正のことなら何でもお気軽にご相談下さい 06-6850-8020■診療時間
9:30~13:30(13:00最終受付)/15:00~19:00(18:30最終受付)
(土曜の午後は14:30~18:00(17:30最終受付)まで)

詳しくはこちら